遊び半分・ついでに観光

アクセスカウンタ

zoom RSS 鶴ヶ岡城

<<   作成日時 : 2011/09/23 09:24   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

     
 東山道 出羽(羽前)の国
 城 名 鶴ヶ岡城
 別 称 大宝寺城
 所 属 鎌倉時代・地頭
 築城年 承元年間
 築城主 武藤氏平
     
 庄内神社
 祭 神
 酒井忠次(初代藩主)
 さかいただつぐ
 酒井家次(二代)
 さかいいえつぐ
 酒井忠勝(三代)
 さかいただかつ
 酒井忠徳(九代)
 さかいただあり



鶴ヶ岡城の前身となる大宝寺城が築かれたのは、鎌倉時代初期に出羽国大泉荘の地頭・大泉氏で、後に武藤大宝寺氏を名乗り庄内地方の有力な勢力となった
戦国時代に入ると武藤氏は越後の上杉氏と手を組むが、最上義光と結んだ家臣の前森蔵人らの謀反により庄内地方は上杉氏と最上氏の争奪の地となる
慶長5年(1600)最上義光は大宝寺城・東禅寺城・尾浦城などを整備拡張し、慶長8年(1603)東禅寺城を亀ヶ崎城、大宝寺城を鶴ヶ岡城と改称した
元和8年(1622)最上騒動の後、旧最上領は分割され庄内地方には譜代大名の酒井忠勝が入り、庄内藩の藩庁とした
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

訪問日 2011/08/20 遺 稿 現存藩校
入場料 無料 駐車場 無料 C1

本丸跡には荘内神社・大宝館(大正時代の洋館)が、三の丸跡には致道博物館・酒井家御用屋敷跡庭園が、鶴岡公園周辺には藩校「致道館」・鶴岡カトリック教会天主堂などの重要文化財や貴重な建物が多数ある


関連記事へのリンク
     足利学校     弘道館     有備館     文武館     


にほんブログ村ブログランキングへ
クリックしてくださ〜い!クリックしてくださ〜い!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鶴ヶ岡城 遊び半分・ついでに観光/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる