遊び半分・ついでに観光

アクセスカウンタ

zoom RSS 長篠城・医王寺

<<   作成日時 : 2011/11/23 12:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

     
 東海道 三河の国
 城 名 長篠城
 別 称 
 所 属 戦国時代・今川勢
 築城年 1508
 築城主 菅沼元成
     
 医王寺
 長篠山(ちょうじょうざん)
 曹洞宗
 本 尊
 薬師如来
 やくしにょらい



永正5年(1508)今川氏親に誼を通じた菅沼元成が築城
元亀2年(1571)徳川家康に服属していたが、天野景貫に攻められ、陥落は免れたものの、菅沼正貞は武田軍の圧力に屈した
元亀4年(1573)武田軍は本国へ撤退、その間隙を徳川家康によって攻められ、城主・正貞は天正元年(1573)開城退去 以後、家康によって城が拡張される
天正3年(1575)武田勝頼は奥平信昌が守る長篠城を攻め囲み、長篠の戦いが始まる
織田徳川連合軍により本格的に鉄砲が使用された最初の戦いとされる
天正4年(1576)新城城を築城、長篠城は廃城となる
画像
画像
画像
画像

室町時代の僧・琴室契音(きんしつかいおん)が大洞山泉龍院の末寺として永正11年(1514)に創建
開山当時の長篠城主・菅沼元成や、菅沼一門の厚い庇護を受けた
永禄年間には今川氏真からも寄進を受けていた
天正3年(1575)長篠の戦いで、武田勝頼の本陣が置かれた
画像
画像
画像

訪問日 2011/10/24 遺 稿 観光用天守風建築
入場料 210 駐車場 無料 E2

奥平信昌は家康の長女・亀姫を正室として、貞昌を祖とする奥平松平家は明治まで栄える
また、武田に処刑された鳥居強右衛門は後世に忠臣として名を残し、その子孫は奥平松平家家中で厚遇された
決戦の舞台となった設楽原には設楽原歴史資料館とその隣には信玄塚がある
画像
画像


武田勝頼に縁のある記事へのリンク
     高遠城     躑躅ヶ崎館     浜松城     高天神城     



にほんブログ村ブログランキングへ
クリックしてくださ〜い!クリックしてくださ〜い!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
長篠城・医王寺 遊び半分・ついでに観光/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる