遊び半分・ついでに観光

アクセスカウンタ

zoom RSS 唐津城

<<   作成日時 : 2012/01/15 14:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

     
 西海道 肥前の国
 城 名 唐津城
 別 称 舞鶴城
 所 属 関ヶ原東軍
 築城年 1602
 築城主 寺沢広高



天正18年(1590)天下統一を果した豊臣秀吉は、肥前名護屋を基地として朝鮮への侵略を企てた
文禄2年(1593)平安末期からこの地を治めていた上松浦党の一族・波多氏は、朝鮮出兵における失態を理由に秀吉により滅亡させられた
文禄4年(1595)豊臣秀吉の側近・寺沢広高が波多親(はたちかし)の旧領地の代官を任ぜられる
秀吉の死に伴い文禄・慶長の役(1592〜1598)は収束し、広高は関ヶ原の戦いで東軍方につく
慶長7年(1602)名護屋城の取り壊しを命ぜられた寺沢広高は、その解体資材を用いて唐津城を築城した
正保4年(1647)広高の子の堅高は、島原の乱の際の責任を取らされ寺沢家は断絶 一時天領となったが、慶安元年(1649)大久保忠職・延宝6年(1678)大給松平乗久・元禄4年(1691)土井利益・宝暦12年(1762)水野忠任と譜代大名が次々に入れ替わった
文化14年(1817)小笠原長昌が入城すると明治維新まで小笠原氏の居城となった
画像
画像
画像
画像
画像

訪問日 2011/12/09 遺 稿 模擬天守
入場料 400+100 駐車場 100 D2

本丸は舞鶴公園、二の丸御殿跡は早稲田佐賀中学校・高等学校
二の丸・三の丸跡は市街化している
天守は天守台までしか建築されなかった
現在の天守は慶長期の様式で門・櫓と共に昭和41年に造られた
国指定特別名勝・日本三大松原の「虹の松原」は唐津藩初代藩主・寺沢広高が慶長年間に植林したもので、約100万本の黒松が潮風を防ぎ、豊かな農地と素晴しい景勝をもたらした
画像


羽柴・豊臣秀吉に縁のある城
     安田城     和歌山城     高山城     
     広島城     伏見城     丸亀城     府内城     




にほんブログ村ブログランキングへ
クリックしてくださ〜い!クリックしてくださ〜い!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
唐津城 遊び半分・ついでに観光/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる