遊び半分・ついでに観光

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳥取城

<<   作成日時 : 2013/11/02 08:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

     
 山陰道 因幡の国
 城 名 鳥取城
 別 称 久松城
 所 属 戦国時代・山名勢
 築城年 天文年間
 築城主 山名祐豊



天文年間に因幡の守護・山名誠通と対立する但馬山名祐豊が久松山に築城した
元亀年間に但馬山名氏が滅亡すると、その分家として再興された因幡山名氏の家臣・武田高信が力をつけ永禄年間に城主になった
守護家に対して優勢になった武田高信は下剋上を果たし、安芸の毛利氏と通じるようになる
天正元年(1573)山名豊国の攻撃を受け城を明け渡すが、武田高信は謀殺される
尼子残党と毛利豊元にかわるがわる攻められるが、天正3年(1575)再び山名豊国が城主に落ち着く
天正8年(1580)羽柴秀吉(河原城)の第一次鳥取城攻めで3か月の籠城戦の末、山名豊国は降伏
天正9年(1581)毛利氏重臣・吉川経家を城主に迎える
同年、羽柴秀吉が二度目の鳥取城攻撃で兵糧攻めの結果、吉川経家は自決開城した
天正13年(1585)浅井氏旧臣で秀吉の与力・宮部継潤が城主となった
関ヶ原の戦いの後、池田長吉が城郭を改修
元和3年(1617)池田光政が規模を拡張、城下町の整備も行った
その後、池田光仲が入りそのまま明治維新まで12代続いた
画像
画像
画像
画像
画像

訪問日 2013/09/19 遺 稿 復元中仕切門
入場料 無料 駐車場 無料 C2

明治6年(1873)廃城令によって存城とされ、陸軍省の所管となる
明治10年(1877)鳥取県が島根県に編入され、城は破却された
2005年史跡鳥取城跡附太閤ヶ平保存整備基本計画が始まり、幕末期の姿へ復元することになった
画像

池田長吉の姉で若桜鬼ヶ城主・山崎家盛の夫人・天球院が山崎家を去った後に居住していた天球丸が二の丸の一段上にある
池田長吉による慶長の大改築の際に、郭が拡張され石垣も積み足された
後年になって石垣のたわみを防ぐために球面を持つ巻石垣によって補強された
港や河川に用いられる工法が城郭に用いられるのは珍しく、忠実に復元された
画像
画像

仁風閣は、鳥取城扇御殿跡に建てられた、旧鳥取藩主・池田仲博侯爵の別邸
フレンチルネッサンス様式の西洋館で国の重要文化財
明治40年(1907)の嘉仁皇太子殿下(のちの大正天皇)の山陰地方行啓にあわせて完成され、殿下の宿舎として使用された
この時随行した海軍大将・東郷平八郎が命名した

にほんブログ村ブログランキングへ
クリックしてくださ〜い!クリックしてくださ〜い!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鳥取城 遊び半分・ついでに観光/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる