遊び半分・ついでに観光

アクセスカウンタ

zoom RSS 備前国分寺・尼寺・政庁跡

<<   作成日時 : 2014/10/18 09:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

     
 善教寺
 金光山 円寿院
 真言宗 御室派
 本 尊
 薬師如来
 やくしにょらい
 備前国分寺・継承寺
 2014_09_06



西大寺の寺伝によれば8世紀後半に建立され、平安時代後期の11世紀に火災にあったと伝る
その後、規模を縮小し戦国時代に焼失するまでは存在していた
昭和49年(1974)に発掘調査が行われ、南門・中門・金堂・講堂・僧坊が一直線に列んだ東大寺式伽藍配置であることが確認された
塔跡に塔心礎が一つ残っており、その上に鎌倉時代に建造されたと推定される総高約3mの石塔が建っている
昭和50年(1975)に国の史跡に指定された
国分寺の南側には、東西に延びる古代山陽道を挟んで備前国分尼寺も建立された
現在では、仁王堂池と水田になっており、尼寺跡の遺構は完全に失われている
継承寺とされる金光山圓壽院善教寺はかつては半田山南麓にある法界院の末寺であった
法界院は真言宗の中本寺で、近世まで岡山市と赤磐郡方面に十数ヶ寺の末寺を持つ天平勝宝年間の創建と伝わる古刹
画像
画像
画像
画像
画像
画像

吉備国(きびのくに)は塩の生産地で巨大古墳文化と製鉄技術を持ち、畿内や出雲国に劣らぬ強国であった
別名、吉備道(きびどう)・備州(びしゅう)
持統天皇3年(689)飛鳥浄御原令の発布をもって備前国・備中国・備後国に分割
和銅6年(713)備前国から美作国を分立
岡山市中区国府市場付近で遺跡が発見され、備前国庁跡として岡山県史跡に指定
小さな祠が祀ってある
画像
画像


関連する記事へのリンク
陸奥国府     常陸国府     筑前国府
下野国府     出雲国府     近江国府     出羽国府
因幡国府     周防国府     豊前国府



にほんブログ村ブログランキングへ
クリックしてくださ〜い!クリックしてくださ〜い!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
備前国分寺・尼寺・政庁跡 遊び半分・ついでに観光/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる