遊び半分・ついでに観光

アクセスカウンタ

zoom RSS 日吉大社

<<   作成日時 : 2015/05/30 09:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

     
 日吉大社
 山王権現
 式内・名神大・二十二社・下八・官幣大・別表神社
 祭 神
 大己貴神(西本宮)
 おおなむちのかみ
 大山咋神(東本宮)
 おおやまくいのかみ
 田心姫神(宇佐宮)
 たごりひめのかみ
 大山咋神荒魂(牛尾宮)
 おおやまくいのかみのあらみたま
 菊理姫神(白山宮)
 くくりひめのかみ
 鴨玉依姫神(樹下宮) かもたまよりひめのかみ
 鴨玉依姫神荒魂(三宮宮) かもたまよりひめのかみのあらみたま
 2015_04_14




古くは日枝・比叡と書きヒエと呼ばれていたが、平安時代頃よりエを縁起の良い吉に替え、ヒヨシという呼みも使われるようになった
鎌倉時代以降は日吉の方が一般的となり、明治時代に日吉(ひえ)神社が公称となった
終戦後、日吉(ひよし)大社と改めた
全国3,800の日枝・日吉・山王・八王子・樹下(じゅげ)神社の総本宮
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

神の使い神猿(まさる)は、魔が去る・勝るに通じるようにつけられた
山王祭は、延歴10年(791)に桓武天皇が2基の神輿を寄進してから1200年以上続く
山王七社の7基の神輿が天下泰平・五穀豊穣を祈り、勇壮な神事が行われる(各地の神社で行われる御輿はここが発祥といわれる)
西本宮の例祭では比叡山延暦寺の高僧が参列、読経を行なう
明神鳥居の上に三角形の破風が乗った独特の山王鳥居は、比叡山の守護神・日吉大神を山王権現として崇めた山王信仰、神仏習合の表れである
 西本宮楼門・拝殿 天正14年(1586) 重要文化財
 西本宮本殿 天正14年(1586) 国宝
 宇佐宮本殿・拝殿 慶長3年(1598) 重要文化財
 白山姫神社本殿・拝殿 慶長3年(1598) 重要文化財
 東本宮楼門・拝殿 天正14年(1586) 重要文化財
 樹下(じゅげ)神社本殿・拝殿 文禄4年(1595) 重要文化財
 東本宮本殿 天正14年(1586) 国宝
 牛尾神社本殿・拝殿 重要文化財
 三宮神社本殿・拝殿 重要文化財
 日吉山王金銅装神輿 7基 重要文化財
画像


神仏習合の趣を残す寺社へのリンク



にほんブログ村ブログランキングへ
クリックしてくださ〜い!クリックしてくださ〜い!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日吉大社 遊び半分・ついでに観光/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる