遊び半分・ついでに観光

アクセスカウンタ

zoom RSS 出羽三山

<<   作成日時 : 2017/01/03 00:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

     
 出羽(いでは)神社
 羽黒権現
 国幣小社・別表神社
 祭 神
 伊氏波神
 いではのかみ
 稲倉魂命
 うかのみたのみこと
 本地仏
 正観世音菩薩
 現世/観音浄土
     
 月山神社
 月山権現
 官幣大・名神大社・別表神社
 祭 神
 月読命
 つきよみのみこと
 本地仏
 阿弥陀如来
 前世/阿弥陀浄土
     
 湯殿山神社
 湯殿山権現
 国幣小社・別表神社
 祭 神
 大山祗命
 おほやまつみのみこと
 大己貴命
 おほなむちのみこと
 少彦名命
 すくなひこなのみこと
 本地仏
 大日如来
 来世/寂光浄土
 2016-09-01




推古天皇元年(593)第32代崇峻天皇の蜂子皇子が、蘇我氏との政争から出羽国に逃れてきた
羽黒山(標高414m)に寂光寺を創建し、次いで月山(標高1,984m)・湯殿山(標高1,504m)を開いた
古来より出羽三山は、自然崇拝の山岳信仰に、仏教・道教・儒教などが習合した陰陽道・修験道の山であった
その後、泰澄や修験道の祖・役ノ行者や真言宗の空海や天台宗の最澄などが修行を積んだ
鎌倉時代には八宗兼学の山として、全国から修行僧が入山した
広大な山内には八百万(やおろず)の神々が祀られる百八末社といわれる社がある
画像
画像
画像

大同2年建立の社殿は、大堂・本堂・本殿・本社などとも称され、月山神・湯殿山神を勧請して羽黒三所大権現として、羽黒修験の根本道場でもあった
文政元年(1818)完成した社殿には、中央に月読命、右に伊氏波神、左に大山祇命・大己貴命・少彦名命を祀る

明治6年(1873)国家神道推進の急進派であった西川須賀雄が宮司として着任、廃仏毀釈が行われた
別当寺が廃され神社となって3社を1つの法人が管理することとなり、出羽神社に社務所が置かれた
社殿を三神合祭殿(さんじんごうさいでん)と称した
昭和45年〜47年にかけ朱塗りに塗替られた(重要文化財)
画像
画像

随神門は出羽三山の神域の表玄関で、元禄年間に秋田矢島藩主より仁王門として寄進されたが、神仏分離令により随身像を祀り随神門と名付けた
一の坂の登り口の五重塔は、文中年間に庄内の領主で、羽黒山の別当でもあった武藤政氏が再建した(国宝)
画像
画像
月山神社本宮は月山頂上にあり、月読命を祀る
約千年前につくられ、水を司る農業神・航海漁澇の神として庶民の信仰をあつめている
名神大社で朝廷からの信仰も篤く、東北唯一の官幣大社であった
月山八合目の御田原神社は中之宮で、須佐之男命の妻である奇稲田姫神を祀る
画像
画像
画像
画像

月山から西に尾根づたいに8km下ると、梵字川のほとりに湯殿山神社本宮がある
湯殿山は神域で写真撮影禁止、古来より社殿を設けることは許されず、履き物を脱ぎ御祓いを受けてからでなければお詣りできない
ご神体は熱湯の湧き出る茶褐色の巨大な霊巌で、「語るなかれ・聞くなかれ」という厳しい戒めで知られる修験道の霊地である
湯殿山神社の背後から鉄の梯子を90m下りると、御滝神社の滝壺に出る
この滝は梵字川が湯殿山神社の御神体の脇から流れ落ち、瀬織津姫神を拝し、滝の行をする行者が多い
画像

出羽三山詣は、羽黒山から入り、月山で死とよみがえりの修行を行い、湯殿山で再生する巡礼が行われ、 三関三渡(さんかんさんど)の旅とされた

初日のお昼ごろ羽黒に到着し、午後に羽黒山を登って出羽三山神社・三神合祭殿を参拝した後、斎館・宿坊・旅館などに宿をとる
翌日は月山八合目まで車で向かい、約2時間30分かけて月山神社本宮を参拝、湯殿山まで縦走し、湯殿山神社本宮を参拝するコースが一般的

月山・湯殿山は冬季の参拝や祭典が出来ないので、三山の年中行事や祭典は羽黒山で行われる(積雪のため、開山期間は6月1日より11月3日頃まで)

東照社
寛永18年(1641)第50代天宥別当は東照権現の勧請を条件に、徳川幕府の宗教顧問である天海僧正の弟子となり、羽黒一山を天台宗に改宗する
天保2年(1645) 天海僧正は鶴岡城主酒井忠勝に働きかけ社殿を寄進した
明治時代に東照宮は東照社と改められ、現在の社殿は昭和55年(1980)に解体復元した

修験道と出羽三山の歴史・文化を紹介する、いでは文化記念館が羽黒山参詣道の入り口にある

塔のリスト訪問記録
国宝計 28基五重塔 9基法隆寺     興福寺     東寺(教王護国寺)     
三重塔 13基興福寺      薬師寺(東塔)     
多宝塔 6基石山寺     
重要文化財計 95基五重塔 13基厳島神社     本門寺     日光東照宮     
三重塔 43基園城寺(三井寺)     清水寺     三渓園(旧燈明寺)     信濃国分寺     甚目寺     新勝寺     法隆寺     
多宝塔 34基紀三井寺     厳島神社     
その他塔 5基談山神社     
関連記事 五重塔と卒塔婆

にほんブログ村ブログランキングへ
クリックしてくださ〜い!クリックしてくださ〜い!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
出羽三山 遊び半分・ついでに観光/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる