遊び半分・ついでに観光

アクセスカウンタ

zoom RSS 伊奈波神社・岐阜善光寺

<<   作成日時 : 2017/04/16 12:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

     
 伊奈波神社
 美濃国三宮
 式内小・国幣小・別表神社
 祭 神
 五十瓊敷入彦命
 いにしきいりひこのみこと
 淳熨斗媛命
 ぬのしひめのみこと
 日葉酢媛命
 ひばすひめのみこと
 彦多都彦命
 ひこたつひこのみこと
 物部十千根命
 もののべのとちねのみこと
     
 岐阜善光寺
 愛護山 安乗院
 真言宗 醍醐派
 本 尊
 善光寺式阿弥陀三尊
 ぜんこうじしきあみださんぞん
 弘法大師
 こうぼうだいし
 不動明王
 ふどうみょうおう
 秋葉三尺坊
 あきはさんじゃくぼう
 2017_02_08




主祭神の五十瓊敷入彦命はこの地の開拓神で垂仁天皇の第一皇子
配祀されるのは、妃・淳熨斗媛命、母・日葉酢媛命、外祖父・彦多都彦命、臣下・物部十千根命
総称して伊奈波大神としている

朝廷の命により奥州を平定した五十瓊敷入彦命を陸奥守豊益が妬み、朝敵とされこの地で討たれたという
景行天皇14年(84)武内宿禰が稲葉山北西の椿原に五十瓊敷入彦命を祀った
壬申の乱の際、天武天皇が戦勝を祈願したという

天文8年(1539)斎藤道三が稲葉山に築城するにあたり遷座し、物部十千根命を祀る物部神社を合祀した
以降、稲葉山城の鎮守とし、岐阜の総産土神として篤い崇敬を受けた
延喜式神名帳にある物部神社は合祀された物部神社であるとされる
画像
画像
画像
画像
画像

この地方は、揖斐・長良・木曽の三大川に恵まれ水の恩恵があった一方で洪水に悩まされてきた
水難を防ぐ信仰の神社で、土建や水利などの参拝が多い

戦国時代、甲斐の武田信玄は信濃善光寺から善光寺如来を持出し、甲府に甲斐善光寺を建立した
天正10年(1582)武田氏滅亡後、織田信長が善光寺如来を岐阜城下の伊奈波神社の近くに移した
同年、信長が本能寺で殺害され、次男・織田信雄が尾張の甚目寺に移す
慶長2年(1597)豊臣秀吉の手に渡り、方広寺の本尊にされる
さらに徳川家康により遠江浜松の鴨長寺に移され、慶長3年(1598)信濃に戻る

信長の嫡孫・織田秀信岐阜伊奈波の霊跡に、稲葉善光寺堂を建立し、善光寺如来の分身を祀った
織田秀信が岐阜城主であった文禄元年(1592)から慶長5年(1600)頃の事とされる
画像
画像
画像
画像

安乗院と満願寺が交代で護持していたが、明治の神仏分離により伊奈波神社の別当であった満願寺は廃寺となる
明治元年(1868)安乗院が単独で護持することになり、善光寺安乗院に改称する
明治24年(1891)濃尾地震により全焼したが、阿弥陀・観音・勢至の三体の仏像のみは搬出できた
大正元年(1912)再建、台座と光背は補われ、右方には弘法大師、左方には不動明王と秋葉三尺坊が祀られている
画像



東照宮または東照大権現を祀る神社へのリンク




六善光寺巡り
通称拝観日所在地
山号 院号 寺名宗 派
信州善光寺2015_02_05長野県長野市元善町
定額山  善光寺無宗派/天台宗大本山・浄土宗鎮西派別格本山
甲斐善光寺2015_04_07山梨県甲府市善光寺
定額山 浄智院 善光寺浄土宗 
元善光寺2015_04_07長野県飯田市座光寺
定額山  元善光寺天台宗 
祖父江善光寺2015_11_03愛知県稲沢市祖父江町
双蓮山 東海別院 善光寺無宗派 
関善光寺2017_02_08岐阜県関市西日吉町
妙祐山  宗休寺天台宗 安楽律法流
岐阜善光寺2017_02_08岐阜県岐阜市伊奈波通
愛護山 安乗院 善光寺真言宗 醍醐派

にほんブログ村ブログランキングへ
クリックしてくださ〜い!クリックしてくださ〜い!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
伊奈波神社・岐阜善光寺 遊び半分・ついでに観光/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる