犬山城


 
 東海道 尾張の国
 城 名 犬山城
 別 称 白帝城
 所 属 戦国時代
 築城年 1469
 築城主 織田広近



1537年(天文6年)織田信康は居城を木ノ下城から移し、現存する天守の入母屋2重2階部分が1601年(慶長6年)までに造られた 
1620年(元和6年)頃に望楼部を増築、1623年尾張藩付家老の成瀬正成が城主になり、天守に唐破風出窓が増築される 
以後成瀬家9代の居城となった
画像
画像
画像
画像
画像

訪問日 2009/6/12 遺 稿 現存12天守
入場料 500 駐車場 200 A1

2004年(平成16年)に財団法人「犬山城白帝文庫」に移管されるまで、第12代城主の成瀬正俊氏個人所有の城であった
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント